FC2ブログ
女性の脚が何かを踏み潰す光景に興奮するクラッシュフェチの観察レポートです。人間・生物・無生物・食べ物等、あらゆるものが蹂躙されている無料動画を紹介します。ハイヒールやパンプス、ブーツ、サンダル、スニーカー等、靴を履いている女性の足だけでなく、パンスト足や素足にも魅了されます。残酷な動画もありますが、何卒ご了承ください。※18歳未満閲覧禁止
アダルト動画 DUGA -デュガ-


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウエディングドレスに白ブーツのカワイイ女性が、果物や魚をクラッシュしていくフェチ動画です。ドレスのコスプレも場の雰囲気を盛り上げていて、私の股間は始終勃起しっ放しでした。

純潔を表す白ブーツ。本来であれば、食べ物を踏むなどと言うことは絶対にありえないはずです。それなのに、ドSなギャルに履かれ、フードクラッシュ動画の撮影に使われてしまったばかりに、お寿司やお弁当、果物、魚、蟹などを蹂躙するはめに!ブーツの方も「どうして私がこんなものを踏んでるの?」という悲鳴を上げたくなったことでしょう。

靴底で粉砕される食べ物も可哀そうです。お寿司やお弁当は、パックに入ったままの状態で畳の上に並べられ、その上をギャルが一歩一歩踏みしめます。パックの中に足先が突っ込まれ、踵が入り込んで、ご飯粒や惣菜がパックから零れ落ちます。無様な汚物と化した食べ物たちは、なす術も無く、畳の上に醜態を晒していきます。

「美味しそうなお寿司~」

店頭に並べられていたときは、家族連れがそんな話をしながら手に取るであろうお寿司。それが、フードクラッシュの現場で、残飯よりも悲惨な扱いを受けているんですね。可哀そうなその光景を見ながら、私はムラムラが治まりませんでした。食べてもらえることなく廃棄処分になるであろう残骸に、私はザーメンをぶっかけてあげたいです。

更に強烈なのが、果物や魚などをクラッシュするシーンです。生ものの踏み潰しは凄惨です。可愛らしいミカンやリンゴが畳の上でコロコロとしています。それを容赦なく踏み潰す白ブーツ。ミカンの皮が裂けて内臓(果肉)が零れ、オレンジ色の汁が溢れていきます。
リンゴに突き刺さる踵はもっと残酷です。ヒールに刺さって靴の裏にへばり付いたリンゴを、ギャルは畳に擦り付けて落とそうとします。その度にリンゴからは透明な液体が吹き出し、畳にジョワーッと染みを作っていきます。拷問され血を流しながらのた打ち回っている子どもを見ているようでした。私は興奮しながら、リンゴのアップを凝視していました。

私にとって最大の見どころは、マグロの頭やカニをクラッシュするシーンでした。魚の目にヒールを突っ込んで、グリグリと足を動かすと、赤い血のような液体がジワッと滲みます。魚市場のような生臭さが漂ってきそうな光景です。死んだ後も頭を踏み潰される魚はどんな気持ちでしょうか?サディスティックな欲望を掻き立てるプレイです。
甲殻類のカニを踏み潰すシーンでは、蟹の抵抗が痛々しいです。もちろん「抵抗」と言っても、実際にカニが生きているわけではありません。そうではなく、固い甲羅がクラッシュの邪魔をして、足先やヒールを何度も滑らせるんです。しかし、たび重なる猛襲を受けて、ゴッゴッと音を立てながら砕け散る甲羅。一旦亀裂が入ればあとはバラバラになるだけです。剥がれた甲羅が飛び散り、蟹の内臓が汚らしい感じで露出するんです。生きているカニのクラッシュでないだけ、まだ救いがあったのかもしれません。徹底的なカニのいたぶりを楽しめます。

ドM男の顔面を踏みつけたり、粉砕した食べ物を四つん這いで食べさせたりと、SMプレイの方も充実しています。特に、白パンスト足で、ギャルが男の鼻の辺りをグリグリするシーンは、足フェチにはたまらないと思います。

見どころ・抜きどころの多い作品でした。お値段も手ごろなので、迷わず購入しました。一生もののズリネタとして重宝します。



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!


タイトルが『フードクラッシュ』とある通り、食べ物を足で踏み潰すプレイを堪能できます。女優さんも沢山、足の種類も沢山、踏み潰し方も沢山という内容盛り沢山の贅沢な作品です。約1時間半のボリュームなので、クラッシュが好きならば、気に入ったシーンを必ず見つけられると思います。

私が興奮したシーンをいくつか紹介しますね。

まずは、黒いハイヒールで果物を踏み潰すプレイです。テカテカと黒光りするハイヒールの靴底が、可愛らしい果物をウニーッと押し潰す光景がフェティッシュな魅力を湛えていました。キウイフルーツに足を乗せて全体重をかけると、茶色い皮が裂けて、緑色の果肉がグニュッと零れてきます。まるで緑色のウンコがひり出されているようなエグイ光景でした(汚い表現で申し訳ありません(笑))
果肉と果汁で汚れていくハイヒールにも目が釘付けでした。本来踏むはずの無いものを踏みつけることで、靴底に食べ物のカスがこびり付いていくのです。靴フェチにはたまらないエロスだと思います。私も靴汚しが好きなので、これをオカズにしっかり3回は抜けましたよ(笑)

次に、スーツ着用の黒パンストOLのクラッシュです。蹂躙の対象はお弁当です。「ああっ」と言いながら、わざとらしく市販のお弁当を床に叩きつけたOL。散乱する食べ物を黒パンスト足がグズグズにこねくり回します。スパゲッティがウニュウニュと音を立てながら足で床に擦り付けられ、見るも無残な光景です。汚れていくパンストも魅力的でした。

「食べ物が可愛そう……」

そう言いながら顔をしかめるお姉さんも可愛らしかったです。彼女はためらいがちに食材を足でコネコネし、足指に付着したそれを男に舐めさせます。ドM男はお姉さんの足を満足げに舐めていますが、お姉さんは嫌そうな顔をしたままです。ときどき首を横に振って、足にしゃぶり尽く変態男を拒絶しています。フードクラッシュに初チャレンジしただけでなく、クソキモ男に足を舐められて気持ち悪いのでしょう。最後まで頑張ってくれた彼女には拍手喝采を送りたいと思います。

「初体験ですね……」

表情を強張らせながらそう答えるお姉さんですが、これに懲りずにまたフークラに挑戦してもらいたいなぁ、と思いました。

フードクラッシュ以外にも、唾液プレイやM男責め、顔踏み等、様々なプレイが収録されています。クラッシュマニアだけでなく、SM愛好者や唾液フェチにもオススメな作品です!



幼い頃にカブトムシの幼虫を飼育していました。飼育ケースの中にクヌギなどの朽木を砕いたマットを入れ、近所から木の枝を拾ってきて配置し、その中に幼虫を入れて飼っていたのです。白くてプニプニした幼虫は可愛らしかったです。手のひらに乗せてツンツンすると、ピクピクと動いて、「俺は生きているんだ!」とか弱いながらも自己主張しているようでした。クルッと丸まった姿勢にも胸がキュンとしましたね(笑)

ハイヒールのカカトで潰されていく輸入カブト虫の幼虫達

そんなカブトムシの幼虫でしたが、私の飼育方法が悪かったのか、結局成虫になる前に死んでしまいました。あるとき、飼育ケースの中を掘り起こしてみたら、黒っぽく変色した幼虫が出てきたのです。手のひらに乗せて指でつついてもピクリともしません。これを見たとき、「ああ、この子は死んだんだな……」と悟り、私はとても悲しくなりました。これから成虫になって猛々しく生きていくはずだった幼虫……その可能性を失った屍骸が、手のひらの上に転がっていたのです。

幼い頃の思い出は、儚くも甘美です。命の尊さを学んだ体験でした。そんな私が、今では残酷なクラッシュ動画にムラムラするというのだから、何とも皮肉な運命の悪戯です(笑)

『ハイヒールのカカトで念入りに潰されていく高価な輸入カブト虫の幼虫達』では、OL風のスーツ女2人が、透明テーブル上で蠢くカブト虫の幼虫達を蹂躙します。

幼虫はもちろん生きています。外界に放り出され、手足をばたつかせながら必死に生きようとする幼子たち。「僕達は生きてるよ!」そんな声が聞こえてきそうです。しかし、この子達には、これから悲劇が降りかかります。
憎たらしい表情をした女達が、ニヤニヤと邪悪な笑みを浮かべながら、ハイヒールを履いた足で幼虫達をいたぶります。つま先で幼虫の体を蹴飛ばし、時に軽く体重をかけて靴底で圧迫し、手足をばたつかせて必死で抵抗する生命を徹底的に侮辱します。透明テーブルの上を散々転がされた幼虫達は、疲弊し、動きが鈍くなっていきます。そんな幼虫達をグニッと踏み潰す鬼畜OL2人。彼女達は、自らの足元で生命が消えていくこと楽しんでいるようです。薄ら笑いを浮かべながら、とても楽しそうな表情です。ドSもここまで来ると、もはや鬼畜の所業です!

右側の女に至っては、タバコをふかしながら踏み潰しています。無残に朽ち果てた幼虫を上から眺めながら、口から紫煙を吐き出すビッチ女。彼女の残虐性は、見ているこちらの胸が痛むほどです。

――こんな女に踏み潰されるカブト虫が可愛そう!!

そう思いながら、私の股間はギンギン状態なんですね(笑)踏み潰される生物が悲惨であればあるほど、私は性欲を掻き立てられるんです。私はドSなド変態なんです!(笑)

靴底で息絶えた幼虫達を更にグリグリと踏み躙るハイヒール。幼虫は、軟らかくて白い体が破裂して、茶色い液体が噴出し、見るも無残な汚物と化していきます。屍骸は靴底とテーブルとの間で圧迫されてペシャンコになり、原形を留めないグズグズの状態まで破砕されていくんですね。人間の歪んだ欲望の犠牲になっているカブトムシ達――成虫になって外界を謳歌し、交尾して子孫を残し、満足な最期を迎えるはずだったこの子達の可能性が粉々に打ち砕かれるという惨劇が、私の股間を熱く刺激するのです。私は、悲しみと同時に性欲の高ぶりを感じ、一人エッチに励んでしまいました。それが、死にゆく幼虫達に対する、せめてもの弔いだと確信しています。

かつて飼育に失敗して死んでしまったカブトムシの幼虫。あのときの子も、このOL達に踏み潰された方が良かったのではないでしょうか?飼育ケースの中で苦しみながら息絶えるよりも、一思いに踏み潰された方が苦痛は少なかったと思います。そして何よりも、そういう死に方をした幼虫は、一部のクラッシュマニアのズリネタとして、永遠に彼の記憶に残り続けるのです。死によって生き続けるカブト虫――ある種のロマンを感じるのは私だけでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。