FC2ブログ
女性の脚が何かを踏み潰す光景に興奮するクラッシュフェチの観察レポートです。人間・生物・無生物・食べ物等、あらゆるものが蹂躙されている無料動画を紹介します。ハイヒールやパンプス、ブーツ、サンダル、スニーカー等、靴を履いている女性の足だけでなく、パンスト足や素足にも魅了されます。残酷な動画もありますが、何卒ご了承ください。※18歳未満閲覧禁止
アダルト動画 DUGA -デュガ-


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


女性の履き古した靴には独特の魔力があります。

靴は、女性の生足やパンスト足を保護する役割を果たすとともに、ときに意識的に・無意識的に足元のモノを踏み潰し、彼女の歩行をサポートします。直接地面と触れるので、他の衣類に比べて汚れやすいです。また、足の圧迫や蒸れ等、傷む原因が常にあるため、長い間履き続けているとボロボロになってしまいます。そんなボロ靴にこそ、私の股間は激しく反応してしまうのです。

ギャルっぽい女性の履いていたサンダルは、足指の当たるところの表面が剥がれ落ちていて、「随分と酷使されたんだなぁ……」と感慨深いものがありました。女性の足裏に踏まれ続けたサンダルは、彼女の足の形や臭い、圧迫感など、彼女の足のことなら何でも知っているわけです。彼女の親だって彼氏だって親友だって、彼女の足のことをそこまで詳しくは知らないでしょう。しかし、サンダルは彼女の足を知りつくし、常にそれを守り続けてきた英雄です。その英雄がボロボロに朽ち果てたとき、彼女はどういう行動に出るのか?「このサンダル、ボロくなったから捨てよう」と言って、ゴミ袋に突っ込むのだと思います。下手すれば、その上から生ごみを浴びせかけ、それまでお世話になったサンダルの恩を仇で返す可能性もあります。何と悲劇的なのでしょう!!

事情はパンプスとて同じです。長い間、彼女の足を守ってきた黒パンプス。サンダルとは違って、しっかりと足をカバーするパンプスの中では、彼女の足が汗ばみ、蒸れ、強烈な臭気を放ったことでしょう。それにも拘らず、パンプスは文句ひとつ言わずに彼女の足に尽くしてきたのです。さぞ苦しかったことでしょう。しかし、ご主人様は冷酷にも「もうこのパンプスには飽きたわ」と言って、長い間行動を共にしてきた黒パンプスに冷たい視線を注ぎます。彼女の瞳は、まるで汚物を眺めるような蔑みをたたえています。靴底がすり減るまでご奉仕してきた女王様の非情な仕打ち……パンプスは抵抗できないまま、燃えるごみの袋に突っ込まれるのです。

そんな悲劇の主人公たちが、処分される前にAV出演です。靴フェチの変態さんに撮影され、所有者の女性からいろいろ言われ、その後、靴達はどうなったのでしょうか?撮影終了後は、靴フェチ野郎にお持ち帰りされ、毎日、夜の相手をさせられたのでしょうか?それもそれで憐れですね。精液をぶっかけられ汚辱されるサンダルやパンプス、ブーツ……いっそ燃えるごみとして焼却処分された方が、靴達にとっては幸せだったかもしれません。



蝉しぐれが聞こえてくる夏の一日――元気いっぱいのりんちゃんが、いろんなものをメッチャクチャに踏み潰していきます。

一番衝撃的だったクラッシュシーンは、何と言ってもウクレレの粉砕です。木製のウクレレはそれなりに高価な楽器でではないでしょうか?それを惜しげも無くぶっ壊していくりんちゃんの足――踵の尖ったサンダルが、凶器を手にした子どものようで、無邪気な残酷さを見せてくれます。

ウクレレを足で転がすと弦が振動して音が鳴ります。その音が、「止めて!僕を壊さないで!」という悲鳴にも聞こえます。ウクレレの必死の抵抗も空しく、りんちゃんの足が容赦なく振り下ろされます。

メリッ……グシャッ……

ヒール部分が茶色い木肌にめり込み、憐れなウクレレの表面には亀裂が入りました。木が破砕される音は、ウクレレの断末魔の叫びです。「ヒギイィィ……」ウクレレは、もはや助からない自らの運命を受け入れ、執拗な踏み付けを甘受するより他に道は無いです。せめて苦しまずに死んでしまいたいのでしょうが……それも叶わぬ夢のようです。

りんちゃんは、ウクレレを徹底的に踏み躙ります。破片と化した木切れを左足で押さえつけ、それを右足でさらに細かく粉砕していきます。じっくり時間をかけて憎い敵を拷問しているような、そんな凄惨なシーンでもあります。しかし、りんちゃんがそれを演じると、凄惨さが後退して、どことなくユーモアが生まれるのが不思議です。目を覆いたくなるような惨状さえ、明るくステキな喜劇に変えるりんちゃん――彼女はクラッシュ界の新星に違いありません!!

りんちゃんがクラッシュするのはウクレレだけではありません。プラモデル・ガチャポン・スライム・きのこ・葡萄・蟻・バッタ……そんなに踏んじゃっていいの?と思うくらい沢山踏み付けています。それも明るく楽しく健全にグシャッです(笑)

バッタクラッシュも興奮しましたね。草の中をピョンピョン逃げ回るバッタを「エイッ!エイッ!」と言いながら追いかける足。

――どうして俺はサンダルに追いかけられてるの?

バッタからすればそんな思いでいっぱいでしょうが、もちろん理由等ありません。悲劇というのは神の悪戯で、何の因果関係も無く、突如として降りかかるものなのです。そんな理屈(?)が分かるはずもないバッタは、りんちゃんから逃れようと必死です。それをしつこく追い掛け回して踏み潰そうとするりんちゃん。子どもが無邪気に虫をいたぶっているようです。私が幼い頃に見た、少女の虫踏み潰しシーンを髣髴とさせ、ムラムラが治まらなくなりました。やっぱり虫のクラッシュは最高です!

最後に、珍しいクラッシュシーンを紹介しますね。それはスライムです。スライムといっても、ドラクエに登場するあのキャラクターではなく、ヌルッとしてビローンと伸びるあのオモチャの方です。オレンジ色のスライムを素足に絡め、足を持ち上げると、指の間からウニューッとネバネバが垂れます。その光景が、見ていて楽しかったです。「足指に絡み付く粘液質のモノ
」というシチュエーションは、足フェチにはたまらないと思います。クラッシュだけでなく、様々な見どころのある動画でした。



女子校生に扮した生意気クソ女が、ドM男を踏みしだくSM動画です。

制服姿にニーハイブーツという奇矯な恰好をしたJK。男を見下したような視線が、ドM男には最高の御馳走のようです。ベッドの上でタバコをふかすJKの下には、上半身裸の男が仰向けに転がっています。その顔面にJKはブーツ足を乗っけています。男は、ブーツを撫で回しながら臭いを嗅ぎ、「幸せ……」と興奮気味の声を漏らします。「灰皿!」とJKに言われて、「はい、灰皿」と男は灰皿を用意します。「灰、落ちるよ」とJKに文句を言われながらも、男は至福のひとときを堪能しています。変態ブタ野郎ですね(笑)

そして、待望の踏み付けシーンです。JKが男の上半身に乗っかって全体重をかけます。ヒールが体に食い込み、「痛い」と男も声を漏らしますが、JKは知らん顔。携帯片手に淡々と踏み潰すのがイイですね。つま先と踵とをうまく使って男の肉体をいたぶるJKの姿が神々しいです。男の皮膚はほんのりとピンク色に染まり、ソフトな拷問の跡がしっかりと見てとれます。

私の好みとしては、血が出るまでヒールで蹂躙してほしかったです。皮膚が破け、肉が抉れ、血が滲む光景を期待したのですが、そこまでのハードプレイはありません。逆に、ソフトな足責めやブーツリンチを楽しみたい方には、程よい感じだと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。