FC2ブログ
女性の脚が何かを踏み潰す光景に興奮するクラッシュフェチの観察レポートです。人間・生物・無生物・食べ物等、あらゆるものが蹂躙されている無料動画を紹介します。ハイヒールやパンプス、ブーツ、サンダル、スニーカー等、靴を履いている女性の足だけでなく、パンスト足や素足にも魅了されます。残酷な動画もありますが、何卒ご了承ください。※18歳未満閲覧禁止
アダルト動画 DUGA -デュガ-


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子ども時代にザリガニ釣りをした記憶があります。釣竿は簡易な自作品を使いました。木の枝から糸を垂らし、その先にスルメなどのエサと重りをくくりつけて作ります。これを田んぼ脇の用水路に垂らして待っていると、簡単にザリガニが引っ掛かるのです。ただ、一気に釣り上げようと焦ると、ザリガニがハサミを離してしまいます。ザリガニが餌を摑んでいる間に上手く釣り上げるタイミングが大切です。

ちなみにこのザリガニ釣り、餌に関する意外な裏技があるのです。それは、釣り上げたザリガニ自体をエサにするという方法です。ザリガニを腰のあたりから引きちぎって、飛び出した内臓を糸に括り付けて吊ると、これがまた面白いようにザリガニが釣れるのです。ザリガニは共食いするんですね。残酷ですが、子どもの頃は、こういう釣り方をむしろ好んで行っていました(笑)

釣れたザリガニはどうするのか?小学校の課外活動で釣った場合には、何匹かを教室に持ち帰って、水槽に入れて育てたりしました。また、不要なザリガニは、用水路に戻すように先生から指示されました。
が、子どもだけでザリガニ釣りをしたときは残酷なことをしたものです。はっきり言って、ザリガニなんて釣っても使い道がありません。誰も家に持ち帰りたがらないし、かといって用水路に戻すのも癪だし……結局、私達が考えた遊びは、ザリガニを踏み潰して遊ぶことでした。アスファルトの上にばら撒いたザリガニは、仰向けになったり横になったりして、ピチピチと手足を動かしています。そこに、僕達の足が攻め入るわけです。上空から襲い来るガキどもの足!スニーカー!

――グシャッ!

憐れな甲殻類は赤い殻ごと粉砕され、アスファルト上に茶色い体液をまき散らしました。一発で死にきれなかったザリガニは特に悲惨で、地面にへばりついたまま、かすかに足を動かしていました。

「止めを刺してやる!」

憐れな死に損ないのザリガニを踏み躙ったときの快感を私はしっかりと覚えています。あのとき、靴の下から感じたザリガニの感触……思い出しただけで勃起します(笑)

そのうち、「ザリガニを誰かに踏ませよう!」等と悪巧みする奴も出てきて、私達はザリガニを人通りの多い歩道に放置したこともありました。意外にザリガニは踏まれないのですが、あるとき、ハイヒールを履いた女性がトラップに引っ掛かりました。

「えっ!?」

彼女は、異物を踏んだことに気付いて足元を見、直ぐには事態を呑み込めずに呆然とします。間もなく自分がザリガニを踏んづけたことを知り、「えっ、あっ、いやぁ!」と言いながら、靴底をアスファルトになすりつけていました。女性が一生懸命靴の心配をしている脇で、体の一部を踏まれて内臓を垂れ流しているザリガニが、モゾモゾと蠢いています。このザリガニは、女性をさぞ恨んでいたことでしょう。

この一部始終を、私たちは自動販売機の後ろから眺めていました。皆で笑いをこらえながら……。しかし、私は、自分の股間がモッコリしていることを友達に悟られないように必死でした。女性のハイヒールで蹂躙されたザリガニは、当時の私にとって既に立派なオナネタだったのです。私は、この光景をネタに何度もオナニーに耽ったものです。

さて、女巨人(Giantess)のクラッシュを中心に扱う変態レーベル「GEN’s LABO」から、子ども時代の甘美な思い出を髣髴とさせる傑作が発売されました!『CRUSH and PRESS3』です!

ペタンコパンプスやヒールサンダル、メタルヒールなどを素足に履いた女性達が、何匹ものザリガニを踏みつけて殺していく生物クラッシュ作品です。この撮影のために、尊い命がどれだけ奪われたのでしょう?考えただけで勃起……いえ、ゾッとします(笑)

彼女達の踏み潰し方が何ともエグイのです。パンプスを履いた女性が、体重計の上でザリガニ君を弄びます。もちろん、足でグリグリといたぶるわけです。ハサミで威嚇するザリガニ君は巨人女の前には無力で、抵抗も空しく、靴と体重計の間でペッシャンコです。ヒールで止めを刺す女性の残酷さは、もう観ていられないくらいでした(と言いつつ、しっかり鑑賞していたわけですが(笑))

また、ザリガニを何匹も置いたビニールシートの上を歩く黒ハイヒールも見ものでした。彼女の通った後には、まるで地獄絵図のような凄惨さでした。赤い甲羅が砕け散り、茶色い内臓をまき散らして死んだザリガニの屍骸が広がっています。緑がかった液体が飛び散り、ここで惨劇が起こったことを物語っています。「ザリガニカーペット」と言ってもいいくらいのおぞましい光景は、画面の向こうからも生臭い・ドブ臭い異臭が漂ってきそうでした。

どうせザリガニを蹂躙するなら、このくらい派手にやってくれると快感ですね!子ども時代、たった一匹のザリガニが女性に踏まれただけで欲情していた私は、今では盛大なザリガニクラッシュ映像をオナネタに夜中にシコっています。

――大人になって良かった!!

こころからそう思える至福の瞬間でした。

映像撮影のためにお亡くなりになったザリガニ諸君、私の無駄に放たれた精子とともに、安らかに成仏してくれ!合掌!!

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。