FC2ブログ
女性の脚が何かを踏み潰す光景に興奮するクラッシュフェチの観察レポートです。人間・生物・無生物・食べ物等、あらゆるものが蹂躙されている無料動画を紹介します。ハイヒールやパンプス、ブーツ、サンダル、スニーカー等、靴を履いている女性の足だけでなく、パンスト足や素足にも魅了されます。残酷な動画もありますが、何卒ご了承ください。※18歳未満閲覧禁止
アダルト動画 DUGA -デュガ-


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


部室でイタズラしていた清掃員を、好奇心旺盛な女子校生4人組がリンチにします。とはいえ、そのリンチは、足好きや靴マニア、臭いフェチには最高のご褒美になります。なぜなら、女子校生4人組のリンチは、履き古した上履きを用いた足責めなのですから。

「さっき走ったから蒸れてんのー」

そう言いながら、思春期のクソガキ特有の生意気さ全開の女子校生が、情けない格好の清掃員をグリグリと踏み付けます。紺色セーラー服にルーズソックスという、本物の学生そっくりの彼女達が、これまた女子校生の象徴である上履きでムギューッとM男を蹂躙するのです。

「酸味が強い!」
「ちょっと湿ってる!」
「中もベットベト!」

体育が終わった後で特に臭そうな上履きは、マニアにとっては御馳走です。学校に忍び込んで盗み、それらをチンポにあてがってオナニーしたいくらいのお宝です(私には理解できない世界ですが(笑))そんな貴重な上履き4人分がドM清掃員の体や顔をグシャグシャに踏み躙るのはなかなかの光景です。

弱みを握られているためか、女子校生相手に無抵抗なオッサンは、鼻先に臭いルーズソックス足を押し付けられても、表情を曇らせるだけです。もっとも、このオッサンは、嫌そうな顔をしながら、内心では大喜びなのでしょうね。全くもって変態なゴミ男だと思います。こういう男は、女子校生の足の下でクラッシュされるに限ります。

さて、この動画の見どころは、普通の足責めだけではありません。タイトルにもある通り、フードクラッシュが壮絶なのです。床にぶちまけた弁当の中身を思いっきり踏み付ける女子校生達――それだけでもムラッとさせられます。本来は人の口に入るべき食材が彼女達にグチャグチャと踏み躙られ、靴底のこびり付いて不衛生な感じになります。

「中に染み込んでるよ~」

ご飯やパスタやらから滲んだ水分が、ボロッちい上履きに染み込んできたのでしょうか?女子校生達の足は、汗の臭いに食べ物の臭いがミックスされ、画面向こうの男の鼻腔を刺激していることでしょう。汚れた靴は当然清掃員の口にもねじ込まれ、粉砕されて汚物と化した食べ物が彼の口の中に押し込まれます。唾液を垂らしながら女子校生の靴を味わうオッサンは、家畜以下の下品なブタ野郎ですね!

その他にも、袋の中に上履きやローファーと一緒に清掃員を入れ、それを踏みつけるプレイがあります。4人の生足で彼の顔面をグリグリするプレイもあります。様々なフェチ要素を盛り込んだこの作品は、女子校生の上履きというテーマでよくまとまっています。私のような粉砕フェチだけでなく、それ以外のフェチにも対応する良作です。

この動画を鑑賞した後、女子校生の履き古した上履きが妙に恋しくなったのは私だけでしょうか?

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]



紺色のセーラー服とブレザーを着用した二人の女が、カニを踏み潰すクラッシュに挑戦です。この二人は可愛くないところがポイントです。はっきり言って、ブスに命を奪われる蟹が可愛そうでなりません。せめてもっと奇麗な女子校生に踏まれるのなら、カニだって本望だったことでしょう。それがこの二人ではね……。

さて、そんなカニの末路をじっくりと鑑賞しようと思います。いつも通り、飼育ケースから箸で摘み出された二匹のカニちゃん!図体がでっかいですが動きは緩慢で、これから自分の身に降りかかる悲劇を認識できないまま、動こうともしません(そもそも死んでいるのか?)女達が臭そうな唾液をベトーッと蟹の甲羅に垂らします。ヨダレで汚されたカニが箸でつつかれ弄ばれ、透明テーブルの下から無様な姿を映し出されるのです。

蟹からすれば、自分が一体何をされているのか、さっぱり理解できないことでしょう?

――ここはどこ?僕の上に涎を垂らしているブスは誰?

カニちゃんは、その脳ミソで一生懸命考えているのでしょうか?透明テーブル上で散々おもちゃにされた後、いよいよ血なまぐさいショーの始まりです。

女達は、女子校生が通学時に履くようなローファーを履いています。そのローファーが、カニの頭上へと迫っています。じわりじわりと踏み付け、一気に粉砕しない靴底が却って残酷です。唾液でヌメヌメになった甲羅の上に靴底が当たります。蟹は、声なき声を発しているのでしょう。

――全身が重いよ!何かが僕の上に乗ってるよ!助けて!!

しかし、カニの心の叫びは誰にも届かず、ブス達の容赦ない攻撃は続きます。最初は躊躇していた彼女達も、慣れてくると笑顔になりました。甲殻類は軟らかい生き物と異なり、踏み躙ったときの感触が気持ちいいのでしょう。

バリッ……バリバリ……グシャッ!

硬い殻の一部が砕けて裂け、中からはかにみそが噴出します。「かにみそ」というと如何にも脳ミソっぽいですね。車に轢かれて頭を潰された人は、脳漿を飛び散らせて無残な死体と化します。蟹に砕け散った姿が、その交通事故死体と重なるのです(不謹慎なたとえで申し訳ありません)脳漿をまき散らしながら絶命していくカニ坊や達――実際、かにみそは脳ミソではなくて、蟹の内臓なんですけどね(笑)

執拗に全体重をかけ、靴底でカニをぺしゃんこにしようとするブス2人――ニヤニヤとしながら蹂躙する彼女達は、血に飢えた邪教の女神のようです。カメラがテーブルの下のアングルからも地獄絵図を撮影しているので、スカートの中のパンティが見えるのですが、その光景がグズグズの汚物と化していくカニの憐れさを際立てています。ハサミや長い脚が最後まで残っていて、かろうじてカニの原形を留めた屍骸がそこにはありました。それを見た私はムラムラとしてしまいました。これをオカズに今夜も抜けると思います(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。