FC2ブログ

細い体でも体重をかけてブドウを踏み潰すガリガリ女子~拒食症で痩せ細った美しい死刑執行人が、狂気と敵意を湛えた瞳で足元を見下ろしながら、淡々とブドウを蹂躙する!

ここでは、「細い体でも体重をかけてブドウを踏み潰すガリガリ女子~拒食症で痩せ細った美しい死刑執行人が、狂気と敵意を湛えた瞳で足元を見下ろしながら、淡々とブドウを蹂躙する!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ボーイッシュでツンとした雰囲気が蠱惑的なお姉さん。ガリガリに痩せています。セーラースカートからニュッと伸びる白い足は――皮膚の下にほとんど肉が付いていないのでしょう――ポキッと折れそうなくらいの細さです。視線もどことなく虚ろで、秒的で、狂気すら滲み出ています。しかし、そんなお姉さんに私は胸がキュンと高鳴ってしまいました(笑)

説明文には「拒食症」と書いてあります。拒食症とは、摂食障害の一種で、食行動に問題を抱える精神疾患として扱われます。患者は、肥満に対する恐怖・嫌悪から極端な痩せを志向し、過度に食事をコントロールしようとします。もともとは単なるダイエットのつもりだったのが、食事制限によって低体重を維持できることに万能感・高揚感を抱くようになり、そのまま拒食症になってしまうこともあるとか。
拒食症は過食症と表裏の関係にあります。過食症患者の多くは、大食いをした後、それらを嘔吐したり、下剤を用いて無理矢理排泄したりすることで標準体重を維持します。こちらも何らかの心理的問題から発症しますが、拒食症から過食症へと移行するケースも多いそうです。
いずれにしても、摂食障害は精神の不安定から来る病気です。今回登場するお姉さんの狂気を孕んだ視線は、おそらくこうした部分から来るのでしょう。

さて、お姉さんは、食べ物自体に強烈な恨みでもあるのでしょうか?

大粒のブドウを一粒手に取って口元に持っていき、それを舌先でチロチロと舐めながら、足元では同じブドウたちが無残にも蹂躙されています。その光景は、まるで処刑のようです。

本日は、可愛らしいブドウちゃんたちの死刑執行の日。ブドウちゃんたちの罪は、「お姉さんの気に障ったから」――何とも理不尽な理由で、これからブドウちゃんたちは悲惨な死を遂げなければならないのです。
死刑執行人は、もちろんガリガリのお姉さんです。彼女は病的な表情で透明テーブルの上を眺めます。そこのチョコンと並んだ紫の可愛い娘ちゃんたち。これから自分たちにふりかかる残酷な運命も知らず、無邪気に談笑しているのでしょうか?

「ねえ、私の紫色キレイでしょ?」
「ううん、私の方がキレイよ!」
「きっと人間はみんな、私達の美しさに一目惚れして、美味しく食べてくれるのよ!」

そんな会話が聞こえてきそうな長閑な光景です。が、それを冷たい視線で見下ろすお姉さんは、既に拉致した一粒のブドウちゃんを口元に運び、舌先でいじめてみます。

――ほら、あんたの仲間がこれから踏み潰されるのよ!

お姉さんは、きっと心の中でそう囁いていることでしょう。そして、いよいよ死刑が執行されます!

骨ばって血管の浮いた白い生足が、ブドウちゃんをグリグリとテーブルに押し付け転がします。直ぐには潰さないところに、彼女の意地の悪さを感じます。足裏で散々弄ばれるブドウちゃんたち――本来は人間の口の中に入るべき娘たちが、女性の素足で徹底的にいたぶられ、最後にはブチュッと踏み潰されます。

裂けた紫の皮!
飛び出す緑の果肉!
透明な果汁!

ブドウちゃんたちは、悲鳴を上げる間もなく、あっという間にグズグズの汚物と化してしまいました。透明テーブルの上には、数分前まで丸っこい姿だったものが散乱しています。それを更にグチャグチャと蹂躙するお姉さんは、まるで死神のような禍々しさです。彼女は、地獄から遣わされたのかもしれません。

冷たい雰囲気が美しいお姉さんは終始無表情です。瞳には敵意と狂気とをたたえ、足元のブドウちゃんたちを淡々と処刑していきます。この凄惨かつ官能的な光景は、まさに芸術だと思いました!

スポンサーサイト
[PR]

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://crushlover.blog.fc2.com/tb.php/34-d93ade32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。