FC2ブログ

食べ物

ここでは、「食べ物」 に関する記事を紹介しています。
アダルト動画 DUGA -デュガ-


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


部室でイタズラしていた清掃員を、好奇心旺盛な女子校生4人組がリンチにします。とはいえ、そのリンチは、足好きや靴マニア、臭いフェチには最高のご褒美になります。なぜなら、女子校生4人組のリンチは、履き古した上履きを用いた足責めなのですから。

「さっき走ったから蒸れてんのー」

そう言いながら、思春期のクソガキ特有の生意気さ全開の女子校生が、情けない格好の清掃員をグリグリと踏み付けます。紺色セーラー服にルーズソックスという、本物の学生そっくりの彼女達が、これまた女子校生の象徴である上履きでムギューッとM男を蹂躙するのです。

「酸味が強い!」
「ちょっと湿ってる!」
「中もベットベト!」

体育が終わった後で特に臭そうな上履きは、マニアにとっては御馳走です。学校に忍び込んで盗み、それらをチンポにあてがってオナニーしたいくらいのお宝です(私には理解できない世界ですが(笑))そんな貴重な上履き4人分がドM清掃員の体や顔をグシャグシャに踏み躙るのはなかなかの光景です。

弱みを握られているためか、女子校生相手に無抵抗なオッサンは、鼻先に臭いルーズソックス足を押し付けられても、表情を曇らせるだけです。もっとも、このオッサンは、嫌そうな顔をしながら、内心では大喜びなのでしょうね。全くもって変態なゴミ男だと思います。こういう男は、女子校生の足の下でクラッシュされるに限ります。

さて、この動画の見どころは、普通の足責めだけではありません。タイトルにもある通り、フードクラッシュが壮絶なのです。床にぶちまけた弁当の中身を思いっきり踏み付ける女子校生達――それだけでもムラッとさせられます。本来は人の口に入るべき食材が彼女達にグチャグチャと踏み躙られ、靴底のこびり付いて不衛生な感じになります。

「中に染み込んでるよ~」

ご飯やパスタやらから滲んだ水分が、ボロッちい上履きに染み込んできたのでしょうか?女子校生達の足は、汗の臭いに食べ物の臭いがミックスされ、画面向こうの男の鼻腔を刺激していることでしょう。汚れた靴は当然清掃員の口にもねじ込まれ、粉砕されて汚物と化した食べ物が彼の口の中に押し込まれます。唾液を垂らしながら女子校生の靴を味わうオッサンは、家畜以下の下品なブタ野郎ですね!

その他にも、袋の中に上履きやローファーと一緒に清掃員を入れ、それを踏みつけるプレイがあります。4人の生足で彼の顔面をグリグリするプレイもあります。様々なフェチ要素を盛り込んだこの作品は、女子校生の上履きというテーマでよくまとまっています。私のような粉砕フェチだけでなく、それ以外のフェチにも対応する良作です。

この動画を鑑賞した後、女子校生の履き古した上履きが妙に恋しくなったのは私だけでしょうか?



ボーイッシュでツンとした雰囲気が蠱惑的なお姉さん。ガリガリに痩せています。セーラースカートからニュッと伸びる白い足は――皮膚の下にほとんど肉が付いていないのでしょう――ポキッと折れそうなくらいの細さです。視線もどことなく虚ろで、秒的で、狂気すら滲み出ています。しかし、そんなお姉さんに私は胸がキュンと高鳴ってしまいました(笑)

説明文には「拒食症」と書いてあります。拒食症とは、摂食障害の一種で、食行動に問題を抱える精神疾患として扱われます。患者は、肥満に対する恐怖・嫌悪から極端な痩せを志向し、過度に食事をコントロールしようとします。もともとは単なるダイエットのつもりだったのが、食事制限によって低体重を維持できることに万能感・高揚感を抱くようになり、そのまま拒食症になってしまうこともあるとか。
拒食症は過食症と表裏の関係にあります。過食症患者の多くは、大食いをした後、それらを嘔吐したり、下剤を用いて無理矢理排泄したりすることで標準体重を維持します。こちらも何らかの心理的問題から発症しますが、拒食症から過食症へと移行するケースも多いそうです。
いずれにしても、摂食障害は精神の不安定から来る病気です。今回登場するお姉さんの狂気を孕んだ視線は、おそらくこうした部分から来るのでしょう。

さて、お姉さんは、食べ物自体に強烈な恨みでもあるのでしょうか?

大粒のブドウを一粒手に取って口元に持っていき、それを舌先でチロチロと舐めながら、足元では同じブドウたちが無残にも蹂躙されています。その光景は、まるで処刑のようです。

本日は、可愛らしいブドウちゃんたちの死刑執行の日。ブドウちゃんたちの罪は、「お姉さんの気に障ったから」――何とも理不尽な理由で、これからブドウちゃんたちは悲惨な死を遂げなければならないのです。
死刑執行人は、もちろんガリガリのお姉さんです。彼女は病的な表情で透明テーブルの上を眺めます。そこのチョコンと並んだ紫の可愛い娘ちゃんたち。これから自分たちにふりかかる残酷な運命も知らず、無邪気に談笑しているのでしょうか?

「ねえ、私の紫色キレイでしょ?」
「ううん、私の方がキレイよ!」
「きっと人間はみんな、私達の美しさに一目惚れして、美味しく食べてくれるのよ!」

そんな会話が聞こえてきそうな長閑な光景です。が、それを冷たい視線で見下ろすお姉さんは、既に拉致した一粒のブドウちゃんを口元に運び、舌先でいじめてみます。

――ほら、あんたの仲間がこれから踏み潰されるのよ!

お姉さんは、きっと心の中でそう囁いていることでしょう。そして、いよいよ死刑が執行されます!

骨ばって血管の浮いた白い生足が、ブドウちゃんをグリグリとテーブルに押し付け転がします。直ぐには潰さないところに、彼女の意地の悪さを感じます。足裏で散々弄ばれるブドウちゃんたち――本来は人間の口の中に入るべき娘たちが、女性の素足で徹底的にいたぶられ、最後にはブチュッと踏み潰されます。

裂けた紫の皮!
飛び出す緑の果肉!
透明な果汁!

ブドウちゃんたちは、悲鳴を上げる間もなく、あっという間にグズグズの汚物と化してしまいました。透明テーブルの上には、数分前まで丸っこい姿だったものが散乱しています。それを更にグチャグチャと蹂躙するお姉さんは、まるで死神のような禍々しさです。彼女は、地獄から遣わされたのかもしれません。

冷たい雰囲気が美しいお姉さんは終始無表情です。瞳には敵意と狂気とをたたえ、足元のブドウちゃんたちを淡々と処刑していきます。この凄惨かつ官能的な光景は、まさに芸術だと思いました!



透明テーブルの上にちょこんの乗っかっている豆腐。四角い無機質な見た目とは裏腹に、プルルンとした質感と清純な白さとを兼ね備えた豆腐ちゃんは、まるで下界に降り立った天使のようです。彼女は、人々のお口の中を癒すべく、テーブルの上で静かにそのときを待っているのです。

――しかし、何かおかしい……

豆腐ちゃんは、おそらく不穏な空気を感じ取ったに違いありません。なぜなら、彼女はテーブルの上に無造作に放置されているのですから。冷奴にされるなら、お皿の上に盛られるはずです。それ以外の用途でも、少なくともテーブルの上にポンッと放り出されることはないはずです。

――これから何が起こるの?

不安な表情をした彼女に、これから悲劇が訪れるのです。

それは突然のことでした。豆腐ちゃんの背後に、無表情なOLが仁王立ちします。このOLの生足が、豆腐ちゃんの頭上に迫ります。怯えて身動きの取れない豆腐ちゃんは、ひたすら自らの運命を嘆いたことでしょう。

しかし、OLの足はどこまでも残酷です。一思いに豆腐ちゃんを踏み潰さないのです!

足裏と足指が、豆腐ちゃんの表面をナデナデします。その動きは、まるで赤子をあやす母親の手のようでもあります。しかし、執拗に撫で回す素足の動きは、愛情のこもった行為などではありません。これから虐げる豆腐ちゃんの触感を試し、どう踏み潰してやろうかを妄想する、そんな狂気に満ちた動きなのです。豆腐ちゃんは、恐怖のあまり、白い体をプルプルと震わせています。

いよいよ地獄の始まりです!OLは足に体重をかけて、豆腐をじわりじわりと粉砕していきます。一気にメチョッと踏み潰すのではなく、無抵抗の豆腐をいたぶるように、少しずつ足をめり込ませていくのです。足裏で押さえつけた豆腐の上で、足指を動かします。つま先は、軟らかい豆腐に突き刺さり、爪でその表面を抉り取ります。指が食い込んで無残に穴の開いた豆腐……もう食べてもらえることはありません!

更に蹂躙行為が続きます。パンチラしていることなどお構いなしに、OLは豆腐イジメに没頭しています。清純な豆腐ちゃんは、キチガイOLの足元で脆くも崩れ去ってしまいました。グチョグチョの白い破片と化した豆腐は、足裏で尚も踏み躙られます。透明テーブルの下から映し出された映像は、残酷さのあまり目を覆いたくなるくらいです。潰れた豆腐の肉片に足指が食い込み、ウニューッと指の裏側が見える瞬間、豆腐は原形を留めないドロドロになっているのです。豆腐の憐れな死に様を見る度、私はムラムラと性欲を掻き立てられました。

豆腐は2つあるので、たっぷりと豆腐の虐殺シーンを鑑賞できます。フードクラッシュマニアにとっては、最高のオナネタになるはずです!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。